勃起不全はどういう状態か

バイアグラは通販でまとめ買いがお得
↑勃起不全を治すなら有名なこの薬を通販で

勃起不全は男性器が硬くならず勃起ができない状態、あるいは勃起までに時間がかかる状態のことを指します。勃起障害とも呼ばれ、専門的には「Erectile Dysfunction」の英語からEDと呼ばれます。勃起不全の厳密な定義は「性行為が満足に行えない状態」として、ただ勃起ができないというだけでなく、勃起しても性交中に射精まで至らずに萎える、いわゆる中折れの状態も含まれます。日本人男性では4人に1人は勃起不全で悩んでいると言われており、まだまだ認知度は低いですが、勃起ができないのは特別に珍しい症状ではないということです。勃起不全は年を重ねるごとにリスクが高まるのですが、最近では偏った食生活や生活習慣の問題で20代でも起こりやすくなっています。勃起不全の原因は大別して3種類が存在し、血管や神経の障害によって起こる器質性、精神的なストレスやトラウマによって起こる心因性、治療薬の副作用によって起こる薬剤性に分けられます。高血圧や糖尿病などの生活習慣病に罹っている人は、血液の循環が悪くなり、陰茎に十分な血液量が運べずに器質性の症状が現れます。また、事故による障害、前立腺ガンの神経摘出によって起こることもあります。若い年代では仕事による精神的なストレス、上手く性行為ができない、あるいは男性器を見て笑われるといったトラウマによる心因性が多いようです。薬剤性は糖尿病の血糖値コントロールを行う薬や、降圧剤などによって起こりやすく、器質性との関係性が強いために同じものだと捉える人もいます。勃起不全を改善するED治療薬は、その作用機序から器質性と薬剤性に対して有効ですが、心因性にはあまり効果が見られないので、精神安定剤などを併用することがあります。

勃起不全だと思ったら

勃起の程度や、それに対する満足度などは人によって大きな差があります。そのため勃起不全と言う言葉が使用された場合には、満足な性交渉を行うのが難しい程度の勃起に対する支障と言う定義が用いられることも多いです。ですからもし、勃起の状態によってパートナーとの性交渉が満足にいかなくなっていると言う場合には、勃起不全であることが疑われます。この場合は、速やかに医療機関を受診するのが最善です。勃起不全の場合は、それの治療を専門としている医療機関や泌尿器科の受診が最適です。特に泌尿器科は、女性で言うところの婦人科に該当するような科ですから、男性の方は定期的に受診しておくと良いです。勃起のことですから病院を受診するとなると下半身を見せる必要があるのでは、と思われる方もいるかもしれません。しかしそのような必要性は、明らかな外傷があってそれが勃起不全の原因となっていると言う場合を除いてはないことなので、安心して下さい。普段の生活状況や精神面に関しての問診が行われるのが一般的ですから、あらかじめそれらについて自分でまとめておくと、スムーズに治療が進みます。また勃起不全が疑われる場合、自分である程度、症状の改善をはかることも可能です。たとえば強いストレスや肉体的な疲労感があると、それが性的刺激に対する集中力を低下させる要因になっていることもあります。ですからこの場合は、ストレスを解消する、疲れをためないようにすることが有効です。また神経系や血管、血流にダメージを与えるような疾患になっている、またはそれに近いような状態になっていると、それが勃起不全の原因になることもあります。飲酒、喫煙習慣がある場合や、暴飲暴食が習慣となっている人は、それを改めるだけでも症状が改善されることも珍しくはありません。

勃起不全と性欲の関係は

勃起が十分に実現されるためには、神経系と血管、血流が健康であることが必要不可欠です。そしてそれ共に、性的刺激を十分に感じられることも必要です。これは性的刺激をしっかりと感じることができて、そしてそれが神経系を介して陰茎に伝わり、陰茎の血管が拡張してそこに血液が流れ込むことで、初めて勃起が実現されるためです。つまりどれだけ神経系、血管、血流の状態が健康であっても、性的刺激を十分に感じることができなければ、勃起に必要なスイッチが押されないままの状態と言うことができます。性的刺激を十分に感じる、受け取るためには性欲が必要です。ですから、勃起不全と性欲の間には深い関係があります。性的刺激を十分に感じることができないと言う場合には、性欲そのものが低下していることも考えられます。また自分では性欲が十分にあると思っていても、いまいち性的刺激に対する感受性が鈍っているように感じられる場合は、性欲に関して何らかの支障が発生していることも考えられます。性欲や性的刺激に関しては、肉体的な疲労や精神状態が大きく関係しています。また本人も意識していないようなプレッシャーや嫌悪感がそれらを阻害して、勃起不全を引き起こしていることもあります。もし、思い当たる節がある人は、まずはそれらの要因を取り除き、性欲の状態を改善することが求められます。しかし性欲には問題がない、そしてしっかりと性的刺激を感じることができている、それにもかかわらず勃起不全状態であると言うこともあります。この場合は、神経系や血管、血流に問題が発生していることが可能性としては考えられます。この場合は、それらの状態をいち早く改善することが必要です。性欲のある、なしで勃起不全をとらえることは必要ですが、それ以上に、体と心の健康、その両方の側面から勃起不全の原因を考えることが重要です。

■治療はもちろん、相談を無料で出来る病院もあります
ED治療ができる東京都の病院